2017年10月15日日曜日

OCUP2

以前、OMGのUMLの資格試験であるOCUP2の関係者との会話で、思わず「ヘェー?」と感心した出来事がありました。
OMGがUMLの資格試験であるOCUPを更改し、新たにOCUP2に変えたところ、日本国内の試験の合格率が関係者の予想をはるかに超えて劇的に下がってしまったそうです。
入門レベルでは70%以上あった合格率が10%以下に激減してしまったそうです(昔の司法試験並み?)。

筆者は今から10年ほど前に、このプロマネBlogで「UML中級講座」という連載をやったことがありますが、当時は市場ではUMLはまだ新しく市販本も乏しかった記憶があります。
特にメタモデリングの概念が当時の現場では極めて希薄であったのですが、今やUMLもその言語を使ったオブジェクト指向分析設計も、システム開発を行なう上ではかなり
オーソドックス、古典的なアプローチ、ー 音楽で言えばジャズのスタンダードぐらいの位置 ー になって来ており、当たり前のテクノロジーの感があったので、この合格率の劇的な低下は意外でした。(出題されるUMLのバージョンは2.0から2.5へ上がりましたが、入門レベルの内容では、ほとんど影響ないでしょう。)

昔に比べUML関係の書籍も多く出版されており、また現場でもよく使われるようになって来ています。
また何と言っても、Java、VB、C#等のオブジェクト指向言語の普及も相当進んで来ています。
それにもかかわらず合格率が劇的に低下したと言うのは、日本のIT業界の状況を象徴しているかのようです。

そこで、以前から関心があったEーラーニングのサイトを作ってみました。
アドレスは http://lucifer.stratagenom.com ですので、ご興味のある方は覗いてみてください。
現在パイロット・テスト中ですが、サンプルのコースがのぞけます。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。