2016年1月23日土曜日

戦略と戦略眼 その2

冬の金閣寺
昨秋は2度ほど京都に行ったのですが、2度目は紅葉があらかた終わってしまい、金閣寺では写真のように完全に冬の光景に変わってしまいました。

 

 

 

 

1980年代のインターネット勃興前のネットワーク業界


このブログで以前触れたような気もしますが、筆者は昔、某外資系コンピュータ会社で、通信製品のプロダクトマネージャをしていたことがあります。
二十代の筆者にとっては戦略(製品戦略)を扱う初めての体験でした。
当時は冷戦末期であり、アメリカは極めて不景気で、いわゆる双子の赤字(膨大な貿易赤字と財政赤字)とスタグフレーション(不況とインフレの同時進行)に苦しんでいる一方、日本はバブル経済の真っ最中で異常なくらい好景気でした。
日本の対米輸出は急増の一途を遂げ、日米間の貿易摩擦の問題は頂点に達し、アメリカの対日感情は悪化の一途をたどっていました(いわゆる、ジャパンバッシングの状態)。

ついでに言うと、アメリカの空港のイミグレーション(入国管理局)での日本人に対する対応は極めて悪く、現在のようなフレンドリーさは皆無でした。
幸い筆者はさほどひどい扱いを受けたことはありませんでしたが、知り合いの中には散々意地悪をされ不快な思いをした人も結構いた時代でした。

また、ついでのついでに言うと、貿易摩擦の問題交渉の場で、当初はアメリカ側は対日穏健派の意を汲み日本側に対する要求は非常に穏やかなものでしたが、まったくラチがあかないので、対日強硬派の意見を入れて、極めて強引に譲歩を迫ったところ、日本側はあっさり「はい」と認めてしまったために、対日穏健派が米国内で立場を失ってしまったと同時に、日本の政治家は皆んなマゾじゃないか?と言う強い疑惑がアメリカ政界に巻き起こったのも、この件がきっかけです。
あれだけ泣いて騒いで懇願してもウンと言わなかったものが、乱暴に強く迫った途端に要求をあっさりとしおらしく受け入れたわけですから、マゾ説が根強くささやかれるようになったのも無理はありません。
ちなみに、現在では、アメリカの外交官の教科書には、日本の政治家に何かお願い事がある時は、最初に有無を言わさず頬を2、3度はたいて脅し、お願い事はぶっきら棒に、かつ強引に命令形で言うこと、と言うのが最も上品で正式な方法であると明記されています。
この方法が最も成功率が高いというのも、ワシントンの「日本の政治家=ドM説」をさらに強固なものにしています。

うっかり与太話に脱線してしまいました。本題のネットワークの話は、また次回。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。