2014年3月9日日曜日

OCEB講座第37回 戦略と日本人

茅葺き屋根
筆者は、昔、海外企業の企画部門に在籍した事があり、戦略と言う言葉には人一倍思入れがあります。
そのせいか、日本型組織に共通に見られる戦略の視点の不在は、極めて不可解に映ります。

以前(3年前に)投稿した日本型パターンと言う記事でも触れた『現代の日本の組織には、戦略眼、戦略の視点が欠けている』と言う指摘は、筆者の気持ちの中で、ますます強い確信になって来ました。

しかしながら、日本の組織に戦略の視点が欠けているとは言っても、大昔から常にそうだったわけではなく、その有無は時代によって大きく変遷して来ています。
第二次世界大戦時の日本軍や現代の日本が戦略眼の喪失の時代であったとしたら、その対局の例として、鎌倉時代を取り上げたいと思います。
と言うのも、鎌倉時代の歴史書「吾妻鏡」は、単なる日本史の資料と言うだけでなく、現代に通じる戦略論としても読めるからです。

戦略と言う言葉は様々な意味合いで使われています。
政策と言う意味でも使われますし、作戦、方法論と言う意味で使われる事もあります。
このブログで言う「戦略」は戦術に対する戦略、つまり、階層構造を持つ計画と言う意味で議論したいと思います。
日本において戦略と言う概念は、恐らく世界の他の地域同様、輸入された概念ではなく、大きな戦いの中で自然発生的に生まれて来たものだと思います。
筆者は日本史に通暁している方ではないのですが、それでも、少なくとも源平合戦の時代にはかなり明瞭に戦略思考が鮮明になって来ました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。