2013年9月19日木曜日

OCEB講座 第31回 日本型組織と海洋汚染問題 その2

放射性物質による海洋汚染の問題が明らかになった時ですが、汚染の事実と同時に、政府関係者の相次ぐ無責任な発言が、国際世論を刺激し、大きな反発を浴びた事は、皆さんのご記憶にも新しいと思います。
そして結果として、汚染物質流失の経緯等の問題点や分析、対策等への説明責任は、現在、日本政府の事実上の国際公約となっており、議会の持つ強力な調査権の行使とともに高い優先度を持って早急に処理される事が期待されています。

従って、このブログでは、それ以外の話題、日本型組織の問題点について議論したいと思います。
というのも、今回の政府関係者の発言が、端無くも、日本型組織の問題点を如実に表しているように見えるからです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。